還元水と水素水の効果の違いについては一長一短

還元水と水素水の効果の違いについては一長一短

水素は身体に良いということが知られるようになり、様々な名前の水素水が出まわるようになりました。還元水も同じように身体に良いと知られるようになったものの、その違いについてはよく知られていないのが実情です。この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

どちらも水素水であることに変わりはないのが実情であり、還元水はその一種であるという理解が正解です。水素水を作る方法にはいくつかあります。水素ガスを水に吹き込むことによって溶かしこんだり、水素を発生するカルシウムやマグネシウム由来の原料を用いて水に溶かしたりするのが一般的です。これらと並んでよく用いられているのが電気分解であり、水にプラスとマイナスの電極を入れて電気を通すことにより、マイナス電極側に水素ガスが発生するのを利用して生産が行われています。この電気分解によって生成されたものが還元水です。

 

電気分解を行うと水素ガスが発生させられるものの、その際に少し工夫が行われています。プラス電極側とマイナス電極側の間に半透膜による隔膜が設けられているのです。これによってプラス電極側とマイナス電極側では成分組成に違いが生じるようになり、液性としてはアルカリ性になります。そのため、アルカリイオン水という名前でも市販されているのが現状です。

 

アルカリ性が高くなるとバランスとしては陰イオンの比率が高くなってしまうため、バランスをとるために陽イオンもマイナス電極側に多くなります。その結果として水の中に含まれているカルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富になっているのも特徴です。水素ガスを吹き込むだけのものに比べると酸性度が低下してアルカリ性になり、陽イオンである諸々のミネラルの濃度が高くなっているのが還元水と言えるでしょう。

 

しかし、水素水にとって重要になる水素濃度については注意が必要になります。膨大な量の水素を発生させるとそれだけアルカリ性になってしまい、あまり飲用に適さない状況ができてしまうのが事実です。pHで9から10程度に調節するのが常法となっていますが、それまでの間に発生する水素の量では水素の濃度を高められない場合も少なくありません。

 

そのため、高い効果が発揮されると期待できる1ppm以上の濃度にならない場合も稀ではないため、水素ガスを吹き込んで作った水素水に比べると還元水の水素濃度は低い場合が多いというデメリットもあります。しかし、水素が溶け込んでいることは事実であり、多かれ少なかれ水素による効果を期待できるのが事実です。

 

濃度が1ppm以上になるとそれより濃くてもあまり効果に違いがないだけであり、濃度が低くても水素の効果は発揮されます。水素の濃度があまり高くない代わりに、電気分解を経てミネラルが豊富になっていることによる健康効果も期待できるため、効果の違いについては一長一短であるという理解をしておくと良いでしょう。