水素水は自分で生成することがより高い効果を得る秘訣

水素水は自分で生成することがより高い効果を得る秘訣

芸能人の誰々もハマっていると取り上げられたりするなど最近なにかと話題の水素水ですが、謳われている効果はなんといっても抗酸化力の高さ。

 

ガウラミニの口コミ

 

活性酸素という体内の老化・劣化の元になる酸素を抑えて身体が酸化するのを防いでくれる力が大きいということ。そして疲労回復にも大きな効果があると言われていて、水素のサプリメントでもこの効果を実感している人は多いと言われています。それ以外にもダイエット効果、生活習慣病予防、抗炎症、抗アレルギーなど、今のほとんどの日本人にとって見逃せないものがたくさんあります。

 

この水素水として販売されている水にはいくつかの異なった製造方法があります。そもそも水素水とは何かというと、水の中の酸化還元電位がマイナスのエネルギーを持っている状態のものをそう呼びます。酸化還元電位はプラス値が高いほど酸化された水、マイナス値が高いほど還元された水となり、それはミネラルウォーターや井戸水などの自然な水でも場所によってどちらに属するかが違っていますが、身体の為にどちらが良いかというと、抗酸化作用の強い方、つまり還元力があるマイナス値の高い水の方となります。

 

しかしこの水素水というのは、天然のものではなくても人工的にまったく同じ状態を作り出すことが出来るようになっていて、水を電気分解することでマイナス化させる方法で生成されたものを還元水と呼びます。メーカーサイドがこぞって水素水という表現を使いだしたのは割と最近のことで、以前それはアルカリイオン水、アルカリ電解水などという名称で販売されていましたがいつの間にか名称を変更して中身は同じものを一般販売するようになりました。

 

家庭用のアルカリイオン浄水器でも同様のものを作ることが出来ますし、出来上がった水はペットボトルに入れて保管することが出来ますが2日もすれば水素は抜けてしまうので、特に市販されているものなどは消費者がそれを購入して飲む時には完全に抜けてしまっているので本当に還元水を水素水という名称で販売して良いのか?という問題があり、それが先日ネットニュースでも記事にもなったりしました。

 

それに対してバブリング製法と呼ばれる水素ガスを水の中で直接溶かしてマイナス化させたり、マグネシウムを使って水と科学反応を起こすことでマイナス化させる方法もあり、こちらはペットボトルでは水素が抜けてしまうため、アルミボトル、アルミパウチ等の入れ物に充填しなければ保存することが出来ないのですが、この方法で生成されたものこそホンモノだというメーカーなどもあります。

 

そして出来上がった水そのものを販売している所もあれば、自分で作れるキットを販売している所もあります。出来るだけ作りたてが良いのに越したことはないのでそれは最強といえるかもしれません。還元水であってももちろん生成したてであれば十分に同じだけの高濃度の水素が含まれているので、いずれにしても市販されているものよりは自分で生成することがより高い効果を得る秘訣といえるかもしれません。